審美治療の費用

審美治療

審美治療

審美治療とは

審美治療をするにあたって大切な事があります。
ただ単にセラミックをきれいに入れるだけでは審美治療とはいいません。
歯並び、歯肉のラインなどの矯正歯科、歯周病治療をしっかり考えた上で審美治療とはじめていえるでしょう。
みつはし歯科・矯正歯科は、しっかりしたエビデンスに基づいた治療を行っています。
歯並び、歯肉のラインを考えた上で行う審美治療を提供しております。
また、歯の色、形をしっかりあわせています。
根の治療が必要である歯であれば、しっかりとした根の治療をしてからかぶせています。
せっかく治療するなら、より美しく治しませんか?
口元を美しくすることにより、エイジングケア効果も得られます。
抱えているお口のコンプレックスを解消して、生き生きとした毎日をすごしましょう!

審美治療には、マイクロスコープとルーペを使用しています。

審美治療にはかかせないのがマイクロスコープです。

歯を大きくしてきれいに削り、天然の歯のように再現します。

特にオールセラミックはとても審美的です。

みつはし歯科・矯正歯科イメージ

常に必要なのはスコープです。

当院はさまざまな拡大率のルーペを使用しています。

審美治療以外にもマイクロスコープ、ルーペを使用しています。

みつはし歯科・矯正歯科は、ルーペはほとんど使用せず、もっと拡大できるマイクロスコープで治療を行っています。

スコープ

専門性の高い技工所との連携をしています

当院は市原市、市原市近郊だけでなく東京、大阪、神奈川、埼玉などの審美治療で使われるセラミックや無調整で入る義歯を作製してくれる専門性の高い技工所さんと連携しております。
専門性の高い技工所は、技工装置(人工の歯など)の値段はとても高いです。
技工所によって値段が違うのです。
上手なものはやはり値段は高いのです。

また近年、材料代、金属代がとても高くなっています。
特に金属は数年前より何倍も値段が高くなってきています。

歯の被せ物

オールセラミック(ファインセラミック/ハイクオリティーTYPE) [保険外]

オールセラミック(ファインセラミック/ハイクオリティーTYPE) [保険外]

通常金属で補強するコーピング(内部)部分を強化セラミックで製作し、さらにその上にセラミックを築盛し製作します。
金属を一切使わないのでより自然な色調が再現できます。また、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ちます。

費用:165,000円(税込)

デメリット

※オールセラミックは強度が高い材料を使用していますが、金属を使用した被せ物に比べると、長期的な耐久性においては劣る可能性があります。

オールセラミック(ジルコニア/ハイクオリティーTYPE) [保険外]

オールセラミック(ジルコニア/ハイクオリティーTYPE) [保険外]

通常金属で補強するコーピング(内側)部分をジルコニアという新しい素材で製作します。強度的に大変優れていますので、ブリッジへの対応も可能です。金属はいっさい使用しませんので、自然な色調が再現でき、また永年の使用にも変色せず、天然歯のような健康的な白い歯の輝きを保ちます。ファインセラミックより強度的に優れています。

費用:165,000円(税込)

※ジルコニアは高い審美性を持ちますが、天然歯の透明感や微妙な色の変化を完全に模倣することはできないため、極めて高い審美性を求める場合には限界があります。

デメリット

※ジルコニアは高い審美性を持ちますが、天然歯の透明感や微妙な色の変化を完全に模倣することはできないため、極めて高い審美性を求める場合には限界があります。

メタルセラミック(メタルセラミック/スタンダードTYPE)[保険外]

メタルセラミック(メタルセラミック/スタンダードTYPE)[保険外]

通常の保険のきかない差し歯がこれにあたり、色調、形態共に優れています。 唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。内側を強固な金属で補強しますのでブリッジなどに適しています。

●金含有量80%
 費用:165,000円(税込)

●金含有量50%
 費用:110,000円(税込)

●金含有量0%
 費用:99,000円(税込)

デメリット

※歯肉の退縮などにより、金属の縁が露出することがあり、見た目に影響を与える可能性があります。

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック/スタンダードTYPE)[保険外]

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック/スタンダードTYPE)[保険外]

セラミックとブラスチックを掛け合わせた素材で製作します。色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。症例により金属で補強する場合があります。

費用:66,000円(税込)

デメリット

※ハイブリッドセラミックは硬質セラミックよりも柔らかく、咬む力が強い方では摩耗しやすいことがあります。

硬質レジン(プラスチック)[保険]

硬質レジン(プラスチック)[保険]

プラスチックの差し歯です。永年使用していると、唾液を吸収し、変色したり擦りへってしまうことがあります。 前歯の舌側(裏側)はすべて金属で製作し、奥歯については補強する金属の使用が保険で認められていません。

保険3割負担で
費用:5,000円位(税込)

金歯[保険外]

金歯[保険外]

ゴールドで製作します。フィット(適合)にすぐれ天然歯と近い硬さで、対合歯(噛みあう歯)をいためません。 生体親和性にすぐれていますので体にやさしく、また歯ぐきとの境目も黒くなりにくいのが特徴です。おすすめです。

費用:大臼歯:148,500円(税込) 小臼歯:132,000円(税込)

デメリット

※金は熱伝導性が高いため、温かい飲食物や冷たい飲食物を摂取した際に感じやすくなることがあります。

銀歯[保険]

銀歯[保険]

通常の銀歯です。噛む機能には問題ありませんが、永年の使用で、黒く変色してしまうことがあります。
また、アレルギー反応をおこすこともあります。

費用:保険適応

歯の詰め物

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック/スタンダードTYPE)[保険外]

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック/スタンダードTYPE)[保険外]

セラミックとプラスチックをかけあわせた素材で製作しますので、色調、強度ともに優れています。インレー(歯の詰め物)に適切な素材です。

●ハイブリッドインレー
 費用:54,000円(税込)

●セラミックインレー
 費用:129,600円(税込)

デメリット

※ハイブリッドセラミックは、純粋なセラミック製品に比べて耐久性が低いことがあり、長期間の使用においては劣化や損傷のリスクが高まる可能性があります。

金属のインレー(歯の詰め物)ゴールド(スタンダードTYPE)[保険外]

金属のインレー(歯の詰め物)ゴールド(スタンダードTYPE)[保険外]

ゴールドで製作します。適合性に優れていますので歯の境目からの2次カリエス(むし歯)になりにくいのが特徴です。奥歯の使用に適しています。

費用:大臼歯:115,500円(税込) 小臼歯:99,000円(税込)

デメリット

※ゴールドインレーは金色のため、口腔内で目立つ可能性があり、前面の歯に使用した場合、見た目が気になることがあります。

パラジウム合金[保険]

パラジウム合金[保険]

通常の銀歯です。噛む機能には問題ありませんが歯ぐきが黒ずむことがあります。また、アレルギー反応をおこすこともあります。

費用:保険適応

ラミネート

オールセラミックス[保険外]

オールセラミックス[保険外]

歯の表面をわずかに削り、セラミックを表面に貼りあわせます。歯の色調を白くしたい方へ適しています。

費用:162,000円(税込)

デメリット

※オールセラミックスのラミネートベニアは、適切なケアをしても他の補綴物に比べて耐久性が劣ることがあります。

コア

グラスファイバー[保険外]or[保険]

グラスファイバー[保険外]or[保険]

グラスファイバーを用いる事により、強度的にも安心できて歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がありません。

費用:22,000円(税込) (上部構造が保険外であればコアも保険外となります)
費用:保険適応(上部構造が保険であればファイバーコアも保険適応です)

金属[保険]

金属[保険]

金属を使用する従来の方法です。グラスファイバー素材に比べ酸化が生じるため歯肉の変色などの症状がでる事があります。変色はなかなかやっかいです。

費用:保険適応

歯肉レーザー治療

歯ぐきが変色していると、歯周炎(歯槽膿漏)ではないかと思ってしまいませんか?
 それは、歯周病ではなく、メラニン色素かもしれません。
 メラニン色素はお肌のシミだけではなく、歯ぐきも変色します。

歯肉が黒くなる原因としては・・・
喫煙によるもの
口呼吸
歯ぐきの日焼け

などがあげられます。これらは、メラニン色素が増殖するため起こる現象です。メラニン色素は誰でも持っているものですが、皮膚の色に違いがあるように、メラニン色素が多い人は、歯ぐきの表面に黒くシミのように出やすく、特に喫煙者の場合は、この傾向が強く見られます。
気になる方は、是非当院にご相談下さい。
元のピンクの歯ぐきを取り戻すことができます。

費用:33,000円(税込)

カードをご利用できます

現金だけでなく、カードをご利用できます。

医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真