スポーツ歯科

スポーツ歯科

2019年1月にラグビー選手のマウスピースを作製しました。

2019年10月14日(日)

ラグビーW杯2019、日本代表は、スコットランドに勝利し4戦全勝で初の決勝Tに!
凄い!
私は、昔、大学時代ラグビー部だったので興奮がとまらないです!

ラグビー部だった経験もあり、大学病院勤務時代は、補綴学(クラウンや義歯、審美、咬合が専門)以外にも、インプラント科やスポーツ歯科にも所属していました。

今年の1月に大学病院の先生に頼まれて私と他のドクター1人でサンウルブズの選手のマウスピース(マウスガード)を作製しました。
少しW杯2019に私も貢献しています。

大学病院時代は、サントリーや早稲田大学など有名選手のマウスガードを作製していました。

マウスガードは、歯を守るだけでなく、脳震盪防止や大きな怪我からも守ることができるコンタクトスポーツにはとても重要なものになります。

コンタクトスポーツをしている人は、是非、マウスガード専門の歯科医院へ作製してもらうと良いと思います。

私は、180cm以上あるのですが、みんな山のように大きく自分が小さく見えます。

決勝トーナメント、マウスガードつけて頑張って下さい!

マウスピースの重要性

歯科医師としてスポーツ歯科へ取り組むことは重要な事だと思っています。
なぜならば怪我の予防になるからです。
コンタクトスポーツをしている方は必ず使用しましょう。

院長のスポーツ歯科・所属・略歴

・大学病院勤務時代スポーツ歯科所属

・千葉県ラグビーフットボール協会メディカルソサエティ歯科委員会委員所属

・2008年関東ラグビー協会で「外傷予防とマウスガードについて」の講演

・大学病院スポーツ歯科所属の経験をいかし、プロが使用しているマウスピースを地域に広めています。

大学病院勤務時スポーツ歯科との連携
有名格闘家
有名柔道家
ジャパンラグビートップリーグの多数のチームと契約(サントリーサンゴリアスなど)
大学ラグビー部と多数契約(早稲田大学など)

マウスピース作製の流れ

みつはし歯科・矯正歯科でのスポーツ用マウスガード(マウスピース)
プロが使用するマウスピースと同じものを作製しています。

1口腔内診査(むし歯、歯周病、かみ合わせ)

必ず診査とクリーニングをさせて下さい。
問題がある場合は、すぐに型取りはできません。

2型取り

3後日セット

または、

1口腔内診査(むし歯、歯周病、かみ合わせ)

必ず診査とクリーニングをさせて下さい。
問題がある場合は、すぐに型取りはできません。
その日のうちに型取り

2後日セット

早い人で2回のご来院でできます。
みつはし歯科・矯正歯科で作製できるため、次の日でも作製可能ですが、ご予約状況によります。

※みつはし歯科・矯正歯科は、長いお付き合いの方にあう歯科医院です。
初めて方は、必ず「初めての方へ」「みつはし歯科・矯正歯科の特徴」をお読みになってからお問い合わせ下さい。

みつはし歯科・矯正歯科でスポーツ歯科を行って入る理由

小学校は、サッカー部に所属。
大学は、ラグビー部に所属。
趣味では、総合格闘技を3年経験。
運動が大好きな院長です。
コンタクトスポーツの経験が多かったのでスポーツ歯科を行っています。
予防歯科が大好きな院長なので歯が折れたり脳震盪の防止、大怪我の予防ができるマウスガードの重要性を広めています。

みつはし歯科・矯正歯科のマウスピースの主な患者さん

スポーツジムで使用したい患者さん
 ベンチプレスなど力を入れるため、食いしばり歯がすり減ったりひびだ入らないようにするために。
ラグビー少年
消防士さん
極真空手
空手
サッカー

など多くの患者さんのマウスガードを作製経験があります。

マウスピースの値段

成人(歯並び、かみ合わせがすでに安定している患者さん)

・プロ使用マウスピース 料金:税込13,200円 型取り代別途:税込3,300円
厚さは、選べます。
色は、透明が主ですがお問い合わせ下さい。

・生え変わり、成長期の子供
期間、値段などは問い合わせ下さい。

成長期の子供へのマウスピース

マウスピースは、怪我の予防になります。
とても重要です。
成長期の子供へのマウスピースは、作製して終わりではありません。
年に何度かチェックさせて下さい。
歯並び、かみ合わせがかわるとても重要な期間だからです。
そのまま使っていると問題です。
定期的に歯科クリニックへご来院して下さい。

ご予約状況

明日まで作って下さいという早めの希望には中々難しい場合があります。
なぜならばむし歯があってはすぐに作製はできないからです。

しっかり診察、検査してから作製しましょう。
また、当院は、完全予約制です。
お電話にてご予約状況を確認して下さい。

歯科医院で作製するマウスピースの重要性

歯科医師はかみ合わせのプロです。
市販のマウスピースですとかみ合わせが変な状態で作製してしまうと顎関節に負担がかかり骨折の原因になります。
かみ合わせのプロに任せて下さい!

デメリット


※快適性: マウスガードは最初は違和感を覚えることがあり、慣れるまでに時間がかかる場合があります。

※呼吸や発話への影響: 正しいフィット感のものであっても、マウスガードの装着は呼吸や発話に影響を及ぼすことがあります。

※維持管理: マウスガードは定期的な清掃と適切な保管が必要です。衛生的に保たないと、細菌の増殖や悪臭の原因になることがあります。

※交換の必要性: 摩耗や損傷が生じた場合、または顎の成長によってマウスガードは定期的に交換する必要があります。

※費用: カスタムフィットのマウスガードは市販のものに比べて高価ですが、その分適切な保護を提供します。

当院では、これらのデメリットを含めた上で、スポーツ活動中の安全と快適性を確保するために最適なマウスガードの選択をお手伝いしています。ご不明点や懸念がある場合は、お気軽にご相談ください。

医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真
医院写真