市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。
本日は乳歯は永久歯より虫歯になりやすいかについてお話しします。

『乳歯と永久歯どちらが虫歯になりやすい?』
乳歯(子供の歯)は永久歯に比べて虫歯になりやすく、虫歯になると進行も早いです。
乳歯の歯質は永久歯に比べて弱く、厚さも1/2しかありません。
虫歯となり歯が溶け出すと比較的、早く神経(歯髄)に到達してしまいます。

『何故乳歯は虫歯になりやすいのか?』
乳歯は奥歯の嚙み合わせの溝も複雑で、そこに歯垢も溜まりやすいため虫歯になりやすいです。
神経まで達していても子供は痛みを感じるのが鈍かったり、虫歯の少しの痛みに親も気付きにくいのが原因です。
乳歯の虫歯が進行して根の先に炎症が起こると、その下に控えている永久歯の形成に悪影響をおよぼし、一部分が変色した永久歯が生えてくることがあります。
また、これを放置すると永久歯の向きが変わって、横から生えてきてしまったりすることがあります。

自身の歯についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

 

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

 

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院