市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。

本日は歯の神経を抜くとどうなるのかについてお話しします。

 

 

『歯の神経を抜くとは?』

 歯の神経(歯髄)を抜くことを抜髄と呼びます。

むし歯が深く進行すると、むし歯の原因菌が歯髄に感染して歯髄炎を引き起こします。

 

 

『抜いてからの変化』

・歯が脆くなる

神経を取るとその周辺の細かい血管までとることになるので、当然栄養分が行き届かなくなり脆くなってしまいます。

・歯が変色する

神経を取った歯は白ではなく、褐色が目立つようになってきます。

・痛みが残る可能性がある

神経を取り除いた後の部分が細菌感染してしまうと、数年経った頃に腫れや痛みが起こることがあります。

・むし歯を察知しにくくなる

神経を取るため痛みが分かりにくくなるため、むし歯など自覚するのが遅くなります。

 

 

『神経を抜くメリットは?』

・痛みがなくなる

神経を抜くため歯の感覚がなくなり、痛みがなくなります。

・感染した箇所を除去して感染拡大を防ぐ

細菌に感染した歯髄を除去することで、感染拡大を防ぐことができます。

歯髄が壊死する前に抜髄してしまうことで、根管内で菌が増殖することを防ぐことができるでしょう。

 

 

自身の歯についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

 

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院