市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。
本日は子どものうちに矯正治療をするメリットについてお話しします。

『子どものうちに矯正治療』
子供の歯並びに不安を感じる保護者の方も多いでしょう。
しかし、いつ治療を始めたらいいか悩むこともあるでしょう。
そこで、子供のうちに矯正治療をするメリットについてご紹介します。

『歯並びが乱れた状態で放置するとどうなる?』
顎の歯並びが乱れた状態で食事をすると、筋肉と骨ができあがってしまった10代後半や大人の方の場合、歯を移動させるのが難しくなります。
そのため、6歳前後の前歯交換期に一度診るのが良いと言えます。
また、毎日3000~5000回咀嚼を続ける中で、顔の形が変わってしまうこともあるので注意が必要です。

『子どものうちに矯正治療をするメリット』
子供のうちに矯正治療をすると、歯磨きがしやすくなり、磨き残しの心配が減ります。
また、顎のバランスが若いうちから整っているため、美しい歯並びを保ちやすくなります。
歯並びを整えることはできますが、それまで習慣化された噛み合わせを治すことは難しいため、幼いころから治療を始めることが大切です。

以上、矯正治療を子供のうちにするメリットについてご紹介しました。
自分やご家族の歯についてお悩みの方は、三橋歯科医院にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

TEL:0436-92-1305

 

三橋歯科医院