市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。
本日は治療時のレントゲンの被爆についてお話しします。

『レントゲン被爆とは?』
レントゲン被爆とは、歯科治療の一環として撮影されるレントゲン写真による放射線の被曝を指します。
歯科医院では、患者の口腔内の状態を正確に評価し、適切な治療計画を立てるために、時折レントゲン写真を撮影することがあります。

『レントゲン被爆のリスクは?』
レントゲン撮影による被爆は、放射線の種類と量によってリスクが決まります。
しかし、歯科のレントゲン撮影は通常、非常に低い被爆レベルで行われます。
実際、歯科用のレントゲン装置は、高度な安全機能が組み込まれており、患者の被曝を最小限に抑えるように設計されています。

『歯科レントゲン撮影の被爆量はどの程度?』
一般的な歯科レントゲン撮影では、患者さんが受ける被爆量は非常に低く、一般的には自然界で受ける背景放射線の数時間分に相当します。
具体的な被爆量は、使用されるレントゲン機器のタイプや撮影方法によって異なりますが、歯科医師は常に最小限の被爆で撮影できるように注意を払っています。
例えば、一般的な歯科のパノラマX線撮影では、被爆量は0.005ミリシーベルト以下とされています。
これは非常に低いレベルであり、健康への影響はほとんどありません。

『レントゲン被爆のリスクを軽減する方法は?』
患者の被爆を最小限に抑えるために、レントゲン装置は高度な技術と安全機能を備えており、被爆量を最小化するように設計されています。
歯科医師は患者の症状や治療計画に基づいて、必要なレントゲン撮影を適切に判断します。
患者様の放射線被爆を最小限にするために、歯科医院ではシールドやエプロンなどの特別な防護具を提供しています。
これらの防護具は、体の他の部分を放射線から遮断し、被爆リスクを軽減します。

少しでも参考になれば幸いです。
自身の歯についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院