市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。

本日は正しい舌磨きと注意点ついてお話しします。

 

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて普段マスクを着用する機会が増えました。

それに伴い口腔衛生意識が高まり、口臭が気にする人も増えています。

そこで今回は口臭の原因の一つでもある舌の掃除についてです。

 

『実は舌は口臭の原因!?』

皆さんは口臭を防ぐために何か対策はされていますでしょうか?

毎日の歯磨きで口の中をきれいにすることも、もちろん大切ですが、舌に付いている白い汚れは口臭の原因となる細菌のかたまりです。

この白い汚れは舌苔(ぜったい)と言われ、表面には細かい突起がたくさんあり、食べかすなどがたまり、細菌として付着します。

この舌苔は舌を正しく掃除することで口臭対策につながります。

 

『正しい舌の磨き方』

まず歯ブラシですが舌の粘膜や味覚を感じる味蕾(ミライ)をできるだけ傷つけないように普段歯磨きで使用している歯ブラシではなく、舌磨き専用の舌ブラシを使用しましょう。

また頻度ですが舌磨きは1日1回が目安です。特に朝は舌苔の付着量が多いので朝に行うことをおすすめします。

 

磨き方ですが、舌苔を喉の奥に送り込まないように舌の奥から手前に優しく数回磨き、前後に往復しないように磨きましょう。

ブラシを奥まで入れすぎると気持ち悪くなりやすい人は、息を止めながら舌を思いっきり前に出すと磨きやすいです。

 

自身の歯についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

 

 

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

 

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院