市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。

本日は歯周病になりやすい人についてお話しします。

 

『歯周病とは?』

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

 歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりしますが痛みはほとんどの場合ありません。

歯周病になるには、様々な要因があります。

1つひとつが直接的な原因というわけではなく、いくつかの要因が重なった時に歯周病のリスクは高くなります。

 

『歯磨きをあまりしない人』

歯磨きをあまりしない、または効果的なブラッシングが出来ていない場合は歯に歯垢が付き、口の中が細菌でいっぱいの状態になります。

歯磨きも磨き方がポイントで歯垢を落とせるような磨き方をしなと意味がありません。

歯垢が多く残っているとお口の中の細菌が増殖して歯茎に歯肉炎と呼ばれる炎症が起こりやすくなり、歯周病のリスクが高まるのです。

 

『喫煙習慣がある人』

喫煙に含まれるニコチンなどの有害物質によって免疫機能や傷を治す機能の低下を招くため、歯周病になりやすく、様々な病気の進行速度も速くなるといわれています。

タバコの煙によって歯茎の血行が悪くなり、歯茎に酸素や栄養が十分に行きわたらなくなります。

そして歯茎の抵抗力が弱まり、細菌と戦う働きが半減し免疫力が低下します。

また、煙草に含まれる有害物質が歯に付着すると歯垢が付きやすくなるのも原因とされています。

 

『ストレスがある人』

ストレスは免疫力を低下させ、さらに唾液の分泌量を減らします。

また、ストレスは食いしばりや歯ぎしりを引き起こす原因のひとつになります。

歯を支える歯周組織がダメージを受けて歯周組織が弱まると、歯周病を悪化させることになります。

 

少しでも参考になれば幸いです。

自身の歯についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

 

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院