市原市牛久の歯科・歯医者、三橋歯科医院です。

本日は親知らずと矯正の優先順位についてお話しします。

 

『親知らずと矯正』

歯科矯正をしたいが親知らずがあり、先に親知らずを抜いたほうがいいのかなと考えている方いませんか?

親知らずを抜くのが”怖い”もしくは”痛そう”という印象を持つ方は多く、歯医者に行くのをためらう方も多いです。

しかし親知らずはすべての人が抜かないといけないというのは間違っています。

実は親知らずの生え方には個人差があり、今回は抜かなくてもいい親知らず、抜いたほうがいい親知らずを紹介します。

 

『抜かなくてもいい親知らず』

●健康な歯

親知らずがむし歯ではない、もしくは歯周病ではない。

●まっすぐ生えている

親知らずが他の歯と同様に垂直に生えている場合

●噛んだ時に反対側の歯が噛み合う

例え現在健康な歯でも、年を重ね奥歯がむし歯になってしまった際に、親知らずでしっかり噛むことができます。

また被せものの土台としても使える可能性があります。

 

『抜いたほうがいい親知らず』

●むし歯や歯周病がある

親知らずは奥歯であるため生えているため歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい歯でもあります。

●生えている角度がまっすぐではない

特に親知らずが手前の歯に向かって生えている場合は押し出す力によって全体の歯並びの乱れにもつながります。

●矯正治療で歯並びをよくするために抜く

歯並びを綺麗にするため歯科矯正をする際に、動かしたい方向に親知らずがあるとそれが邪魔になる場合があります。

 

『一度ご相談に』

今回のように親知らずがあるが矯正をしたいという方は一度歯科医院で矯正の検査を受け、その後に親知らずを抜くか抜かないか検討していただくことをお勧めします。

三橋歯科医院では歯科先進国のむし歯予防&治療、歯周病予防&治療を導入しており、歯科矯正も得意としております。

是非一度お気軽にご相談ください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

上総牛久駅徒歩5分の歯医者

三橋歯科医院

住所:千葉県市原市牛久550−5

 

TEL:0436-92-1305

三橋歯科医院